仲介業者に依頼する|探している物件は不動産屋がリサーチする|お得な住宅エコポイント

探している物件は不動産屋がリサーチする|お得な住宅エコポイント

男性

仲介業者に依頼する

模型

仲介手数料が無料になる理由

中古マンションや戸建て住宅などの不動産広告を見ていると、時折「仲介手数料無料」という文言を目にすることがあります。 仲介手数料とは不動産業者が物件の売買契約をまとめる際に受け取る手数料です。いわば不動産業者にとっての利益の柱となるものです。 ではなぜそれを無料にできるかというと、理由は主に2つです。1つはいわゆる売主物件であることです。これは不動産業者自身がその住宅の所有者である場合で、これを売却することは「仲介」業務には当たらないため仲介手数料は発生しません。 もう1つは、売主のみから仲介手数料を受け取っている場合です。つまりこの場合の仲介手数料無料物件とは、買い手側にとってのみ仲介手数料が要らないという意味になります。

買い手にとっては費用負担にかなりの差が

仲介手数料の額は法律によって上限が決められており、物件の価額ごとに案出方法が異なります。ただし物件価額の3パーセントプラス6万円という簡易な計算式でその額を得ることができます。この計算式によれば、仲介手数料の額はたとえば2,500万円の物件なら約80万円、3,000万円の物件なら約100万円とかなりの額になります。 しかし言うまでもないことですが、仲介手数料は成約しなければ1円も発生しません。そこで不動産業者としては割安感を出して買い手側の購買意欲をそそり、売買契約が成立しやすくなるように仲介手数料無料という経営手法を取っているのです。 業者の思惑はともあれ、買い手側にとって仲介手数料無料は大きな魅力であることは間違いありません。